• HOME
  • >
  • こんな症状の時は

―腰痛―

日本人にとって腰痛は、一度は体験した事がある国民的なお悩みの一つです

実は腰痛の原因は約8割原因不明なんです。

【このような症状は出ていませんか?】

☑腰が痛くて、長時間座っていられない
就寝時も腰が痛く、ぐっすり眠れない
☑立ち上がる時に腰に痛みがビビっと走る
☑腰の痛みが気になり、仕事に集中できない
歩いていると、だんだん腰が痛くなってくる


ギクッと、今まで腰痛を感じたことがないのにもかかわらず急に痛くなるものや、座っている時の重だるい感じ、中腰になったときに痛いなどの慢性的な痛みも腰痛と言われています。
人によって様々な症状を訴えるのが腰痛なのです。

■腰痛はなぜ起こる?

腰椎の周りに筋肉があります。このうち大まかに脊柱起立筋・腰方形筋・腸腰筋が重なるように骨盤、もしくは大腿の骨にくっついているのです。

人が立っている、または座っている時にはこれらの筋肉が微妙なバランスをとりあって上半身を支えています。もちろん本人は意識しません。 意識をするときは前に曲げよう、後ろに反らそう、などの時です。

これらの筋肉がバランスをとる事が出来ない状態になると腰痛が起こります。

■筋肉の疲労はどのように起こる?

まず、疲労すると老廃物が生まれます。その老廃物は血液に乗り内臓に運ばれ、肝臓や腎臓で処理され、新しい血液がまた運ばれ回復するわけです。

しかし、老廃物が多すぎると内臓が疲労してしまい「内臓-体壁反射」という反応が起き、その結果、体のゆがみが発生しまいます。この時点ではまだ腰痛が起こらない人の方が多いです。
腰痛が起こるにはさらに、そのゆがみが下地となって同じ姿勢で立ち続けたり、パソコンなどで

座りっぱなしの姿勢でいる事で常に体を支えるため腰筋肉に力が入ります。

この状態を長時間続けると腰の筋肉が疲労して腰痛を起こし始めるのです。

■腰痛の根本治療とは?

骨盤と背骨のゆがみを整える
自然治癒力の働ける環境を整える
このたった二つの事が出来れば腰痛は改善します。
逆に言えば、このたった二つの事が整わなければ長年悩み続けた腰痛は治らないのです。

この条件が整えば、それがたとえどんなに、

・足がしびれていても
・前屈が出来なくても
・靴下が履けなくても
・くしゃみがつらくても

痛み・辛さから解放されるのです!!

■そもそも腰痛とは…


・骨盤や背骨がゆがむ事で体が過緊張状態にある
・自然治癒力が働けない状態にある
こういったときに腰痛は出てきます。

根本療法が必要なのは腰痛を改善するだけでなく再発を防ぐためでもあります。
注射や薬、マッサージでは痛みを一時的に和らげることはできますが、腰痛の原因が治ってない為にまた体に負担がかかってくると痛みが出てきます。

腰痛を治すには、体に負担がかかっても
自分でちゃんと回復出来るだけの体のバランス作りが大切になるのです。

■背骨をゆがませる原因とは!?

当院でチェックする骨盤・背骨をゆがませる原因は

・内臓の疲労
・背骨や骨盤のゆがみ
・手足のゆがみ
・頭蓋骨のゆがみ

この4つが主な原因になります。

当院ではこの4つの原因をくまなくチェックし確実に矯正します。

誰もが思うことなのです。

整体など初めての場所に行くには少し勇気のいることだと思います。

高いお金を出して満足できなかったら…

痛みが増したって話も

それでも勇気を出して来院された方は笑顔で帰っていただいております。もっとも大切な

事、それは…

あなたの「治りたい」と思う気持ちです。

このような症状がある場合は船橋市宮本にある万事屋接骨院にご相談ください

「腰」という漢字は、「要」が入るように身体の要であり、上半身・下半身の連結部となります。

ということは、身体の上半身・下半身の姿勢バランスが乱れることにより、痛みが生じやすくなります。

<痛みが生じやすい組み合わせの例>
 頸椎(背骨)・胸郭(胸)・肩甲骨(天使の羽)と腰仙椎
 腰椎(背骨)と骨盤・股関節・足関節・土踏まず

このように、腰とは別の部位に問題があって腰痛が起こることがあります。腰痛を放っておくと、ヘルニアやすべり症、分離症や坐骨神経痛の原因になります。

船橋【腰痛】【骨盤矯正】専門院 万事屋接骨院ではの根本原因に向けた施術をすれば、早期回復につながり、より良い日常生活を送れます。

―肩こり―

肩こりを正しく治すなら船橋市の船橋駅、大神宮下駅近くの万事屋接骨院/WILLE鍼灸院へ

肩こりの症状は、肩周辺の筋肉が緊張して血行不良を起こしているためにコリが出来てしまうというものです。

船橋市の船橋駅、大神宮下駅近くの万事屋接骨院/WILLE鍼灸院では、何故血行不良を起こしてしまっているのか?その原因部分を突き止めてアプローチをしていくため、肩こり解消のために本当に効果的な治療が出来るのです。

腰痛と同じように、肩こりも日本人(主婦)にとても多い現代病の1つです。

今はスマホやタブレットが普及しており、同じ姿勢を長時間とり続けたりすることが増えています。

ただの肩こりではなく頸椎・胸椎(背骨)の歪みから筋肉の循環を妨ぎ、乳酸などの疲労物質がたまって末梢神経の圧迫や血行不良が起こり、肩こりの原因になっている場合があります。

■肩もみだけでは解消できません!!

肩こりがひどいときには、家族に肩もみをしてもらったり、マッサージを受けたりすることもあるでしょう。

しかし、一時的にコリがほぐされたようになり気持ち良さを感じることは出来ますが、根本からの解消とはなりません。

そのため、しばらくするとすぐに肩こりの症状が出てきてしまうのです。船橋市の船橋駅、大神宮下駅近くの万事屋接骨院/WILLE鍼灸院での治療は、肩部分だけではなく全身に対しておこないます。

一見すると全く関係の無い部分への施術に思えることもあるかも知れませんが、きちんと意味のある施術なのです。

各部位への影響


頭部~側頭部に痛みが起こり、目の奥が痛くなり、眼精疲労が起こりやすくなります。

コリや痛みが強くなると、吐き気やめまいを引き起こし、気分が悪くなったりします。

筋肉が緊張すると、頸椎の関節の可動域が低下し、神経を障害して首の後ろ~背中、または、胸の前方に痛み・虚脱感・違和感が生じることがあります。

*症状が強い方は、腕から手・指にしびれなどの知覚障害が出ます。

■全身の調整をおこないます

船橋市の船橋駅、大神宮下駅近くの万事屋接骨院/WILLE鍼灸院では、頚椎や背骨、骨盤の骨格の矯正、そして筋肉も調整していき、全身を正しいバランスに戻してあげます。

そうしますと首や肩にかかる負担がなくなりますので、肩こりが解消されていき、戻りづらくなる骨格に導いていきます。

―頭痛―

頭痛の原因

まず、頭痛で一番多いものは、「緊張性頭痛」です。主に後頭部や首の後ろに症状が起こります。通常は、頚椎は前弯していますが、デスクワークで長時間前傾姿勢をしている方や、猫背の方の多くは、筋肉の緊張が強くなり、頚椎の歪みが起こる「ストレートネック」という状態になりやすいです。当然、血流状態が悪くなり、疲労物質がたまって神経を刺激するので、痛みが生じます。
また、眼精疲労や歯の噛み合わせ、ストレスや自律神経失調症、メンタル的な要素が原因になることもあります。

★「単なる頭痛だから……」と放っておくと、命に関わることがあります


くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎、脊髄液漏洩症etc.
「緊張性頭痛」を説明しましたが、「断続性に強い痛みが続く頭痛」や「耳鳴りがする頭痛」の場合は、自己診断せず、必ず近隣の病院に掛かってください。
現在、日本には「頭痛外来」という診療科目がある病院が増えております。
もし、頭痛でお困りの方がおられましたら、ぜひ一度ご相談ください。。

スポーツ障害―

船橋【腰痛】【骨盤矯正】専門院 万事屋接骨院では

スポーツ障害は、当院の得意とする分野です!

スポーツ障害とは、長期的に同じスポーツを続けるなど、身体の一定の部位に負担がかかって起こる障害。

スポーツにおける身体の使い過ぎ(オーバーユーズ)を原因とするもので、捻挫・打撲・挫傷とは違い、長期的に障害が残ることをいいます。

成長期の子どもに比較的多い症状ですが、昨今のランニングブームで、成人の方にも多くなっている身近な障害です。

◎スポーツ障害の治療で必要なのは、安静と運動負荷の調節です。

さらに大事なのは、体の状態を自分で把握することです。

私自身、今年でトレーナー活動10年目になります。その経験と知識で患者さまにより良い施術をし、皆さまのスポーツ活動をサポートいたします。
「治らない」「悩んでいる」ということがあれば、ぜひ一度当院にご相談ください。

主な部位と種類

【首】 むち打ち症・頸椎ヘルニアetc.
【肩】 野球肩・リトルリーガーショルダー・バンカートリュージョンetc.
【肘】 ゴルフ肘・骨軟骨離断症・テニス肘・肘頭部滑液胞炎etc.
【腰】 腰椎辷り症・分離症・筋々膜炎・腸腰筋炎etc.
【股】 梨状筋症候群・グロインペイン症候群・前後腸骨棘付着部炎etc.
【膝】 腸脛靭帯炎・分裂膝蓋骨・タナ障害・膝蓋靭帯炎・膝窩筋炎・鵞足炎etc.
【脚】 シンスプリント・アキレス腱炎・滑液胞炎・コンパートメント症候群etc.
【足】 有痛性外脛骨・外反母趾・足底筋膜症・種子骨炎・偏平足・足根管症候群etc.

―自律神経失調症―

船橋【腰痛】【骨盤矯正】専門院 万事屋接骨院では

自律神経とは、自分の意思とは無関係に体の機能を調整している神経で2つに分けられます。

①交感神経
身体を動かす時に優位になる神経です。「不安」「怒り」「恐怖」「緊張」のような状況下で働きます。

②副交感神経
リラックス・安静な状態の時に優位になる神経です。就寝時・好きな音楽を聴いている時など、心が落ち着いている時に働きます。主に内臓の働きや体温調節、代謝など

交感神経と副交感神経は、「スイッチのオンとオフ」に例えられます。
一方が働けば、もう一方は休むといった具合に、普段はうまくバランスを保っているのですが、ストレスなどが原因でそのバランスが乱れると、体に様々な不調や症状が現れます。自律神経の働きが乱れると、「体のスイッチ」のオンとオフの切り替えがうまくできなくなります。

通常、睡眠時は体がオフの状態(副交感神経優位)になりますが、切り替えがうまくできずにオン(交感神経優位)の状態になってしまうと、寝ていても体や脳が緊張状態のままになってしまい、回復力が弱くなり、「寝ても寝足りない」「身体が休まらない」といった状態に陥ります。

症状は?

めまい・耳鳴り・動悸・息切れ・のどの違和感・不眠症・食欲不振・光がまぶしい・手足のしびれ・冷え・吐き気・肩こり・腰痛・頭痛などの慢性痛 etc.
自律神経失調症の症状は、個人差があります。
万事屋接骨院では、様々な要因の中から「構造的なストレス」への施術を主に行っております。

構造的なストレスとは?

脳・脊椎(背骨)が神経の中心となり、身体の末端までを枝分かれし機能しています。椎体のズレ・身体の歪み・不良姿勢・呼吸量の低下・内臓の機能低下なども脳・脊椎にストレスを与えてしまいます。
脳・脊椎への負担を軽減することにより、症状が低下していきます。

万事屋接骨院では、患者さま一人ひとりに合わせ、無理のない身体に負担の少ない施術・調整を行います。

心療内科などの専門医にて治療するのも重要ですが、まずは当院などで気軽に治療を始め、「こころ」と「からだ」の両面から治療することが非常に大事だと思います。

「身体の具合だけでも良くなればいいな」という方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop