• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 筋肉痛でも筋トレしてもいいの!?休むべき!?LAST まとめ
数回にわたり「筋肉痛でも筋トレしてもいいのか!?休むべきか!?」について紹介しましたが、かなり話が脱線しておりましたが今回で最後になります。

まず、筋トレ後の筋肉痛~超回復まで

筋肉痛は筋トレを行う上で必ず体験する筋肉の成長するサインです。仕事や日常生活でも普段しないような肉体労働をしたりすると大体、翌日には使った部位の筋肉が痛みを生じます。これは筋繊維が微小に断裂したで乳酸が溜まることにより出る症状とされています。この筋繊維が傷んだところを修繕するのが「超回復」になります。

一般的に骨折すると骨が太くなると聞いたことがあると思いますが、それは折れた部位に「仮骨」という骨の接着剤がでて、一時的に折れる前より太くなりその後、綺麗にそして強く新生されていきます。

この流れは筋肉にも起こります。超回復はこの「仮骨」が形成される期間と同じように繊維が傷んだ部位がタンパク質や成長ホルモンの作用で修繕し強くなる一連の回復状態になります。

まとめ

筋トレ効果を最大限に出すためには、筋肉痛が出ている部位の筋トレは行わない方が絶対にいいです!!

筋肉痛が出ている間は、まだ筋繊維の修復が終わっていないので、筋肉痛の出ていない部位を筋トレを行うようにしましょう。
ちゃんと筋肉にも「超回復」という成長期間を与えてやさしく育ててあげましょう。
TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop