• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 腰に負担のかかりにくい座り方とは?
腰痛の方は、負担が強くかかる床に座らない方が理想的ですが、どうしても座る必要がある時は、壁を背もたれにしたり、座椅子を活用すると負担が軽減できます。

☑️床に座るとき、身体に悪い座り方は何!?

女性に多い「オネエ座り」が骨盤や腰に強く負担のかかる座り方の1つです。

オネエ座りとは、正座から足を内側や外側に崩す座り方です。この時股関節がねじれている状態になり身体に負担を強く与えてしまいます。

あぐらや体育座り、正座などの他の座り方をオススメしますが、長時間座るのもよくありません。身体の1部に負担を掛けすぎてしまうので、ちょこちょこ休憩を入れたり、座る体制を変えてあげるといいです。
次回予告

「身近なものを使って床座りをサポート‼︎」


リビングにあるものを活用して、床座りを快適にする方法を説明します。
TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop