• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 妊婦さんは運動不足になりやすい!?おススメの運動3選
妊娠してからも適度にカラダを動かすことは必要、というのが最近の考え方です。妊婦がやるべき運動にはどのようなものがあるのか、今回は妊婦におすすめの運動について3選解説しましょう。

妊婦に運動がおすすめな理由

妊娠すると動くのがおっくうになって運動不足になりがちです。周囲も自分も安静にしたほうがいいと考えて、ほとんど運動らしきものをしなくなるという人もいるでしょう。しかし近年は妊婦には適度な運動が必要ということが分かってきています。運動をしておかないと体力が低下してしまうため、出産のときに苦労する可能性もあります。

また運動をすることで、過剰な体重増加を防ぐこともできます。ただし、ハードな運動をするのはカラダに負担をかけることになります。これまでずっとスポーツをやっていた人だと、逆に妊娠初期などについいつものペースで運動をしてしまうということもあるので要注意です。あくまで、「ほどよい運動」を心掛けましょう。

運動をした方がいい時期は?

では運動はどの時期に行うのがいいのでしょう。一般的には安定期に入る5カ月目くらいから始めるのがよいとされます。その前は安静にしておきましょう。安定期に入ってからも、まずは必ず担当の医師に相談をし、許可が出たら少しずつ軽い運動から始めるようにします。妊娠中の運動は無理をすべき性質のものではないので、体調や気分がいいときや、お腹の張り、痛みがないときに行うのが基本です。

妊婦におすすめな運動”3選

妊娠しているときにおすすめなのは、次に挙げるような運動です。

①安産体操
安産体操は盤底筋を鍛えたり、股関節を柔らかくすることを目的として作られた体操です。腹式呼吸をすることで酸素を多くカラダに取り込む練習もあり、これは分娩時にも役立ちます。呼吸法は家の中でも、体調があまりよくないようなときにでも行えるのがいいところです。

②骨盤体操
こちらも股関節を柔らかくして骨盤を開きやすくすることが目的に入っている体操です。胎児がスムーズに出てきやすいカラダを作るとともに、イメージトレーニングにもなります。また、足腰の筋肉を鍛えて、分娩の際に胎児を押し出しやすくするような体操もあります。

③ウォーキング(散歩)
最後は最もシンプルな運動です。ウォーキングといっても早足になる必要はなく、散歩感覚で歩きましょう。締めつけのゆるい服で、ジョギング用、ウォーキング用の靴を履いて出かけてください。近くに遊歩道や散歩道があればそこをウォーキングするだけでリラックスでき、リフレッシュできます。

まとめ

注意事項として、夏などは熱中症に気をつけましょう。水分補給を十分に行い、少しでもきつければ休憩をとるようにして、歩くことを楽しみましょう。

こうした運動はすべてをやる必要はありません。自分にとって気分転換や楽しみになりそうなものを選択すればOKです。ただ、運動の中には妊婦がやってはいけないものもあります。

安産体操や骨盤体操などはマタニティーの専門知識があるインストラクターなどの指導を受けるようにしてください。妊婦に運動は必要ですが、無理をしたり、自己流でやりすぎるのはよくないということも覚えておきましょう。
TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop