• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 妊婦さんは「腰痛」の時に湿布は使ってもいいの?
妊婦の悩みの1つが腰痛肩こり。妊娠してお腹が大きくなるにつれ、特に腰痛で悩まされる妊婦の方は多くいます。妊娠していない状態であれば、湿布を使って肩こりや腰痛を解消できますが、妊婦中の場合湿布の取り扱いには注意が必要です。今回は、妊婦中の湿布の取り扱いについてご紹介します。

妊娠中に湿布がNGとされている理由について

妊娠中に湿布を貼ってはいけないとされている理由は、胎児への影響です。インドメタシン、ケトプロフェンなどの成分が含まれた湿布は、強力な消炎鎮痛剤が含まれています。これらの
湿布は筋肉の炎症を抑えるために血管を収縮させて冷却する効果があります。


その効果が原因で胎児の動脈管収縮が起こる可能性があります。動脈管収縮とは、胎児に血液を送る管が収縮して血液がうまく送られない状態を指します。最悪の場合、死産となる可能性もあります。

2014年に厚生労働省が妊娠後期において湿布の一部を禁忌とする改訂を行ったのはこのためです。胎児に何かあってからでは遅いので、湿布をする際は一度主治医や薬局に相談してからすると良いでしょう。

妊娠中でもOKな湿布はあるの!?

妊婦が湿布を利用するのはまったくだめというわけではありません。一部の湿布は利用が可能です。使ってもよい湿布かを判断するための判断材料として見ていただきたいのが、市販の薬に必ずある「第○類医薬品」という表示です。この表示を見れば妊娠中に使えるものか、使えないものなのかを判断することができます。では、第1類医薬品から第3類医薬品までの医薬品の違いについてご紹介しましょう。

・第1類医薬品
妊娠中(特に妊娠後半期)の方が使用すべきでない医薬品です。妊娠・授乳期は使用禁止と明記されているものもあります。第1類医薬品はリスクが高い医薬品ですので、ほとんどの場合は薬局のレジの後ろの棚などに並んでいて、直接手に取ることができないようになっており、購入する際は薬剤師が説明することが義務づけられています。
もし第1類医薬品に該当する湿布と気づかずに使ってしまったら、慌てる必要はありませんが、念のため、妊婦検診で相談しましょう。

・第2類医薬品
第2類医薬品は妊婦の方が使用して良いもの、使用してはいけないもの、その両方が存在するため、使用する前に必ず医師や薬剤師に確認してください。

・第3類医薬品
サロンパスA、アンメルツヨコヨコなどが該当するもので、用法・用量を守れば、妊娠中でも使用できる湿布が該当します。ただもちろん、全くリスクがなく安全だと言い切れるわけではありません。購入する際は必ず注意書きをよく読んで使うようにしましょう。

妊婦中に湿布を利用する際はいずれにしても、自分で判断をせず、必ず医師や薬剤師に相談したものを利用しましょう。
TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop