• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 妊娠中の「腰痛」に骨盤ベルトは効くの?
妊娠すると腰が痛くなるという話は、聞いたことがあるのではないでしょうか。妊娠後期でお腹がせり出してくるころもそうですが、実はもっと早い段階でも腰痛に悩まされることがあります。そんなとき頼りになるのが骨盤ベルトの存在です。ここでは腰痛の原因と骨盤ベルトの使い方について解説します。

妊娠中に腰痛になる原因について

妊婦になると腰が痛くなるのには理由があります。妊娠して3カ月ごろになるとカラダが出産のための準備を始め、卵巣ホルモンの一種であるリラキシンというホルモンが分泌されます。

このホルモンの作用で骨盤を支えている靭帯や関節が緩み、骨盤が開きやすくなって、子宮もおり始めます。

腰痛が出るのは、この変化に対して腰やおしりの筋肉が骨盤や内臓を支えようと働くためです。カラダの内部でいろいろな相互作用が起きて筋肉に負荷がかかり、そのせいで腰が痛くなるのです。

妊娠中につける骨盤ベルトの効果

骨盤ベルトは、こうした妊娠中の腰痛をやわらげるのに効果があります。骨盤ベルトとは骨盤を固定するためのベルトのことで、主にヒップに巻きつけて使用します。元々このベルトは産後に体型を戻すためにつけるものだったのですが、ベルトでヒップ側から骨盤を支えることで筋肉にかかる負荷を減らせるので、腰痛対策としても使われるようになりました。骨盤ベルトをつけるのとつけないのでは腰の重さ、ラクさが全然違うという人もたくさんいます。

また、骨盤を外側から支えて骨盤が緩みすぎないようにしておけば体型の崩れが防げるという本来の機能も見逃せません。出産後に体型が崩れるのは出産で骨盤が開くと内蔵が下垂して、下腹部がぽっこりと出てしまうためです。骨盤ベルトを使えば一石二鳥で対策ができるというわけです。

ただし、骨盤ベルトには難点もあります。人によっては窮屈さや鬱陶しさを感じたり、夏などは暑苦しく、肌荒れを起こすこともあります。ただ、骨盤ベルトにも古くから使われているタイプのものから新商品までさまざまな種類があるので、いろいろ試してみれば自分に合った使いやすいものが見つかるでしょう。

妊娠中の骨盤ベルトの正しいつけ方

骨盤ベルトは正しい付け方をしなければ正しい効果を得ることができません。最も大事なポイントはベルトを巻く位置です。「恥骨」とその外側にある「大転子」という骨のラインにベルトがかかるようにしなければなりません。

恥骨は骨盤の一部です。おへそからまっすぐ下に向かってお腹を触っていき、股の上あたりで固い骨に触れたらそこが恥骨、カラダの左右の外側に2つあります。両足でまっすぐ立って片足を前後に動かしたときに動く太ももの付け根の骨ばった部分が大転子です。骨盤ベルトは大転子をカバーしながら、恥骨結合が閉じるようなイメージで巻きます。お腹に巻くわけではないので注意してください。

もう一つ、骨盤ベルトはあまりきつく締めすぎないようにします。装着後に恥骨のあたりにてのひらがすっと入るくらいの余裕がある状態が正解です。

正しく骨盤ベルトを使えば腰痛をやわらげることができ、ボディラインを保つことにも役立ちます。自分に合った骨盤ベルトを見つけて使い方をマスターしておくためにも、できるだけ早いうちから準備をしておくことをおすすめします。
TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop