• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 寝起きに多い!?「腰痛」の原因について
起きている時には特に腰痛はないのに寝起きに腰痛を感じたり、睡眠中に腰痛が原因で目が覚めてしまう事はないでしょうか?原因はいくつかありますが、関節や筋肉に負担がかかる事で起こります。原因を知って、寝起きの腰痛を改善しましょう。
☑人間の背骨の正しい形は緩やかなS字
寝起きの腰痛の原因はいくつかあります。筋肉の緊張が原因の腰痛と骨の歪みが痛みをもたらす腰痛とでは解消させる方法が違ってきます。

もしうつ伏せで寝るのが習慣で寝起きに腰が痛む場合は、骨や筋肉に負担がかかる事で痛みが出ている可能性があります。

人間の背骨は立ち上がると自然に緩やかなS字のカーブを描きます。ところがうつ伏せで眠るとカーブが強くなりすぎてしまうために椎間板という、椎骨(背骨のピース)と椎骨の間をつなぐ軟骨に負担がかかってしまいます。

一度、寝る姿勢を仰向けに変えて見て痛みが軽減するようならうつ伏せ姿勢による腰の反りすぎが原因と考えられます。
☑腰痛になりにくいのは仰向け。ただし、枕や寝具に注意。
腰のカーブの形を考えると、寝る時に一番負担のかからない姿勢は仰向けです。

しかし、ここでも注意点があります。枕が高すぎるとあごが内向きになるため、首周りの筋肉や頚椎に負荷がかかります。あごが内向きになった状態で首周りが凝ると猫背の原因になり、猫背は腰痛を引き起こす原因になってしまいます。

低めの枕を使用しても仰向けで眠ると痛い場合、痛みが最初だけでやがて消えるなら猫背や反り腰(お腹が突き出したような姿勢)が原因かもしれません。
どちらも筋力の衰えから起きやすいので適切なストレッチなどで解消する事ができます。

また、ふんわりとして柔らかい寝具で寝ている場合、仰向けで寝ても寝返りが打ちにくいため体が固定されてしまい、同じ姿勢を保持する事になってうっ血してしまい寝起きに腰痛が出る事もあります。
この場合は硬めのマットレスなどに変えると痛みが軽減されます。
寝起きに起きる腰痛の原因と改善方法のまとめ
●寝起きの腰痛の原因の一つは寝る時の姿勢。
●仰向けがベストだが、骨などの状態によっては他の姿勢が楽な事も。
●猫背や反り腰が原因の場合は筋力不足が原因でもあるので適切なストレッチを行う。
●運動不足で筋肉がこってしまっている場合も寝る前にストレッチで体をほぐすと改善される。

寝起きだけに起きる腰痛はストレッチなどで改善されますが、対策をしてもいつまでも痛みを感じる場合は他に問題が起きている事が考えられますので医師の診察を受ける事をおすすめします。
TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop