• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 女性にありがちな「O脚」とは!?

女性に多い「O脚」とは!?

スキニージーンズを履いてもヒザの間に隙間が空く。ヒザやつま先が正面を向いているのに、できてしまうこの隙間。モデルやタレントの方のようにスラリと履きこなしたいのに、コンプレックスになってしまい、あまりスリムなパンツは履きたくありません。
誰しも気になるO脚ですが、「生まれつきだからしょうがない」とお考えではありませんか?
実はこのようなO脚のほとんどは、日常の姿勢や立ち方、歩き方のクセでできています。

O脚とはどのような状態?

O脚には大きく分けて先天性O脚、ガニ股O脚、内股O脚の3種類があります。先天的O脚は骨の変形や関節の障害などが原因であり、一般的な矯正では治らないことがほとんどです。整形外科などで治療をする必要があります。
ガニ股O脚は、ヒザとつま先も外を向いている状態で主に男性にありがちなO脚です。
内股O脚は、ヒザの向きは前や内側なのに両膝はつかずに離れ、つま先が外を向いている状態です。女性のO脚のほとんどがこれで、目安としては、まっすぐ立った時に膝間が指2本分以上開いている状態です。
歩く時にガニ股に見えたり、ヒールの底が外側ばかり減っています。ヒールを履いたときや、階段の昇り降りの際に顕著に現れます。

☑女性に多いO脚の原因

日常生活の中で生まれた、姿勢や立ち方、歩き方のクセによって引き起こされていることがほとんどです。
例えば、
・下腹を突き出すような、腰を反る立ち方
・足のつま先が外側に流れるガニ股歩き
・ペタペタ歩き(足を後ろに蹴らないで、小股で前だけに出すようなペンギン歩き)
・足の指を使わないで、浮いた状態での歩き方
・女の子座り(正座の時に、ヒザから下が両モモより外に出る座り方)
です。このような原因に心当たりがある人は、ぜひ気をつけてください。

O脚によって引き起こされているもの

これにより何が起きているかというと、
・骨盤が前傾している
・お尻の筋肉が使えなくなっている
・筋力が弱く靭帯で姿勢を維持している
・モモが内側に少しねじれている
・足首を柔軟に使えなくなっている
・土踏まずのアーチが崩れている(扁平足の人に多い)
・外反母趾を生じている人もいる
です。ぽっこりお腹や、たるんだヒップ、パツンパツンに張ったモモ前などの原因にもなっています

O脚が改善するとおこるメリット

O脚が矯正されると以下のようなメリットがあります。
・歩き方がキレイになる
・美脚が実現する
・姿勢が良くなる
・肩こりや腰痛の予防になる
・便秘解消につながる
・むくみや冷えの改善につながる
このような嬉しいことがいっぱいありますが、これはO脚を生んでいる原因とこれらの原因が連繫しているからです

☑まとめ

O脚の原因は姿勢が関与することが多く、現代病でもあるストレートネックが起因となることもあります。
改善するためには一度の矯正を受けるよりもエクササイズを行い骨盤~脚までの筋肉をトレーニングする方が非常に効果的です。
エクササイズについては次回 更新いたします。

TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop