• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 腰痛の原因は股関節!?股関節の周りをケアすると腰痛に効く!?

腰痛の原因の8割以上が原因不明です。
そんな腰痛をどうやって治せば良いのでしょうか。『ヘルニア』や『ぎっくり腰』『脊柱管狭窄症』など物理的な異変がある場合はその治療を行えば良いと思いますが、原因不明の場合、その多くが『坐骨神経痛』と診断され、湿布薬が処方されておしまいになるケースが多いようです。
本当の坐骨神経痛に関しては『梨状筋』が固くなる事が原因で起こっている事が分っています。
そして、最近分ってきたのが『股関節』にその原因があるケースです。今回は、どのよう形で股関節の異常が腰痛を引き起こし、どのように対処すべきかをご紹介します。

☑股関節の異常と腰痛の関連性

股関節は上半身の重みをしっかり支えなければならない重要で且つ人体で一番大きな関節です。
座っていても、立っていても負担のかかる部位です。

その股関節に負担がかかり続けると、大腿骨(太ももの骨)骨盤(お尻側の骨)の間に骨と骨との摩擦を防ぐためにある関節軟骨が徐々にすり減り、上手く重みを分散できなくなり、痛みが発生します。

そして、腰部周囲を支配する神経がちょうど股関節を通っている為、股関節の痛みと腰痛を混同して知覚してしまう事が股関節の異常が腰痛を引き起こす原因となっております。

☑不良姿勢からくる股関節への影響

万事屋接骨院では『骨盤矯正』を主体とした全身へのアプローチを行っていますが、その理由は骨盤が身体の中心にあり、上にある背骨へも、下にある股関節へも影響を与えるコアとなる部分だからです。
不良姿勢には骨盤の傾きが不可欠で、逆に骨盤が正しい位置にあれば不良姿勢にはなりにくいということです。つまり、「不良姿勢である=骨盤が傾いている」ということです。
骨盤が傾くと必然的に股関節の動きに制限がかかり、軟骨をすり減らしてしまうというわけです。

・不良姿勢も意識するだけで解消する事は困難です。猫背改善の為には普段からのストレッチや軽めの筋トレが必要です。

ちなみによく整体院の広告で「一回で改善する」「ビフォーアフター」など
ありますが、あくまでもサンプルなのでお間違えがないよう気を付けましょう。

☑股関節の調子を整えるセルフケア

股関節が上半身の重みを支えきれずに縮こまった状態になっていることを解消する方法をご紹介します。
方法は1つ。ストレッチすることです。縮こまった股関節を常に引き離すという対策をしておけば、腰痛に発展する事を予防できます。以下に5分でできる動画を添付しておきますので参考にして頂ければと思います。

☑まとめ

あなたの腰痛の原因は股関節ではありませんでしたか?もし股関節の異常が原因であれば今回ご紹介した方法は有効だと思います。
こういった股関節の異常は今大丈夫でも来年大丈夫ではないかもしれません。
日本人の9割以上が猫背なのですから、その負荷が股関節に異常をもたらす可能性を常に抱えています。

・予防の為にも今回ご紹介したストレッチを日課に入れて頂くとかなりの確率で股関節の異常を防げるのではないかと思います。

TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop