• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • お疲れ顔をスッキリ!!すぐできるツボほぐし

朝と夕方では顔が違う!みなさんは夕方鏡や電車の窓に写った自分の顔を見て、ショックを受けたことありませんか?学校や仕事終わりに楽しい予定が待っていても、お疲れ顔じゃ気分が下がって心から楽しめないですよね…。
大切な人に会う時には最高の表情でいたい、そんなみなさんのために、学校や職場を出る前に簡単にできるツボほぐしを紹介します。これで放課後や仕事後のデートや女子会、飲み会も安心です。

①お疲れ顔はなぜおきる?

お疲れ顔に見せてしまう理由は、目の下のクマや、疲れてたるんだ顔。その原因は、顔の血行不良です。睡眠不足や疲労などによって血流が悪くなると、必要な酸素や栄養が十分に届かない状態に。また、体内の余分な水分や老廃物がうまく流れなくなってしまい、代謝も悪化してしまいます。血流の滞りや老廃物の蓄積が、お疲れ顔を作ってしまうのです。

お疲れ顔を放っておくと?

目の下のクマや、疲れてたるんだ顔をそのままにしておくと、代謝が悪い状態が続き、本当のシミやシワ、たるみの原因になります。一時的なことだからと放っておかず、早めの改善が老け顔にならないポイントです。

疲れ目や血行不良を改善する即効ツボほぐし方法をご紹介します。

①顴髎(かんりょう)
顔全体のシワや、フェースラインのたるみに効果的なツボです。

・場所
ほお骨のすぐ下、やや耳寄りのところに位置します。
 
・押し方
人さし指と中指で目のほうに向かって軽く押し上げるようにします。目安は10~20回。

・承泣(しょうきゅう)
目の下のクマや、疲れ目などに効くツボ。さらにシミやシワの予防にもなります。

・場所
左右の目の下の骨の縁中央にあります。

・押し方
人さし指でプッシュします。強くこすらないように注意して行いましょう。
 

・まとめ

疲れ顔の原因は、余分な皮脂が出てメイクが崩れてしまったり、エアコンの影響で肌が乾燥したり…といったことももちろんあるのですが、それ以外に疲れ目や血行不良も大きく影響しているんです。

最近では、移動の電車の中ではスマホとにらめっこ、オフィスでもパソコンの画面を長時間見続けるなど…みなさんきっと心当たりがあるのではないでしょうか。
ただでさえ皮膚が薄く、様々な影響が出やすい目元に疲れが現れたら、一気にお疲れ顔に。
人と顔を合わせる時に一番目立つのが目元でもありますよね。

休憩中や就寝前にぜひ、お試しください。

TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop