• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 寒暖の差で自律神経が乱れる!?寒暖の差で体調を崩す原因

寒暖の差で体調不良…その原因とは?季節の変わり目などは寒暖の差が激しく、体調を崩しやすくなる人も多いですよね。こういう体質だからしょうがないと諦めてしまいがちですが、実はこれには原因があるのです。


それは自律神経の乱れ。自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、交感神経は日中の活
動時に働き、副交感神経はリラックスタイムに働くようになっています。

自律神経は汗の調整や体温調節、代謝などをつかさどる神経で、寒暖差が激しく汗が大量に出た
り体温の調整が難しい状況になるとすぐに乱れてしまいます。

副交感神経と交感神経のバランスが崩れて体調不良になってしまうのです。

①自律神経が原因で起こる体調不良の症状

人によって様々な症状が出るのですが、主に頭痛やめまい、耳鳴り、耳が一時的に聞こえなくなる、気分が落ち込んで情緒不安定になる、眠気やだるさ、お腹が痛くなるなどの症状が出てしまいます。肌荒れを起こす人もいるようです。

自分自身ではコントロールできずにとても辛い思いをされている人も多いことでしょう。めまいや耳が一時的に聞こえなくなるなどの症状は、重大な病気なんじゃないかと不安になってしまいますよね。できれば解消して、健康的に過ごしたいものです。

②体調不良になる前にやっておきたい対策とは

寒暖差が原因で自律神経が乱れて起こる体調不良の場合には、いつもよりもしっかりと体を休めることが大切です。多めの睡眠、リラックスタイムを設けて心身ともに癒されるようにする、栄養バランスを整えて運動習慣をつけるなど、積極的に健康的な生活を送るようにしましょう。特に生活リズムを整えて交感神経と副交感神経のバランスを整えることは大切です。規則正しく生活し、体内時計を整えてください。

③寒暖の差があっても元気に過ごせるように

自律神経が乱れてしまうと体に様々な不調が表れてしまいます。季節の変わり目は何かと忙しくなるかもしれませんが体調を第一に考えて生活のリズムを整えて過ごしましょう。寒暖差に負けない体づくりをすることが健康的な生活への第一歩です。

ストレスがたまることでも自律神経が乱れてしまいますので、趣味に没頭する時間を持つ、友人との楽しい時間を積極的に設けるなども効果的です。また、寒暖差が原因で自律神経が乱れてしまうので、体温調節をしやすいように常に羽織るものを持って行動したりすることも大切なポイントです。しっかりと休養を取り、季節の変わり目は無理せずに過ごしましょう。

船橋【慢性腰痛・骨盤矯正・美容鍼】専門【万事屋接骨院/WILLE鍼灸院】

TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop