• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 寝ると腰が痛いと感じるのはなぜ?腰痛と寝る姿勢について

寝て起きると腰が痛いと感じることはありませんか?体を休めるはずが、かえって腰を痛めているのはなぜでしょうか。

通常、体は寝ることによって日中のダメージを回復させています。腰も同様。その日に受けた負担をやわらげ、次の日につなげないよう休ませるのに、体を横たわらせるのはとても重要なことなのです。しかし、腰の状態によっては、逆に寝ることで痛くなることがあります。それは、どのような場合でしょうか?腰痛と寝る姿勢との関係について解説します。

*寝る姿勢と腰痛の関係

腰は、体全体の体重を支える大切な部位です。しかし、脊椎でしか支えられないため、腰周辺の筋肉や靭帯には大きな負担がかかっています。腰の負担は座っているときがもっとも大きく、次に大きいのが立っているとき。本来、寝ているときは、もっとも少なくなっています。そのため、腰の痛みが軽度の筋肉疲労によるものであれば、横になって休むことで改善されることが多いです。しかし、寝る姿勢によっては、腰に負荷がかかり、かえって痛くなってしまうことがあるのです。

では、どのような姿勢で寝ると、腰に負担がかかりやすいのでしょうか?以下に、主なものをあげてみました。

① うつぶせ

腰を反らしてしまうため、腰椎の関節に負荷がかかり、痛みを引き起こしやすいです。

② あおむけ

本来は、もっとも腰に負担がかかりにくい姿勢です。しかし、姿勢が悪い方は、仰向け寝でも腰を痛めることがあります。具体的には、腰が反っていたり、お尻が沈んで猫背になっている方が当てはまります。このような姿勢になっている方は、固い床の上で仰向けになって寝ると、腰と床の間に手が入るくらいのすき間ができます。いわゆる、ブリッジをしているような態勢ですね。また、すでに腰痛がある方も仰向けで寝ると腰が痛くなる傾向にあります。

姿勢以外にも、朝起きたときに腰が痛む場合は、寝具との相性が悪いなど、睡眠環境に問題がある場合もあります。

*腰に負担をかけずに寝る方法

では、できるだけ腰に負担をかけないためには、どのような姿勢で寝ればよいのでしょうか?タイプに合わせて次のように対処しましょう。

① 反り腰の人

仰向けでまっすぐ寝ると腰が痛みやすいので、ヒザの下にクッションを入れ、ヒザを曲げて寝ましょう。

② 猫背

猫背には4つのタイプがあり、そのタイプに合わせて寝具や寝方の調整が必要です。例えば、胸椎(きょうつい)由来の猫背の場合は固めの布団で寝る、頚椎(けいつい)由来の場合は、横向きになった状態で鼻のラインが体の真ん中を通るように枕の高さを調節する、といった対処法があります。

③ 腰痛持ち

横向き寝をおすすめします。脚を曲げる角度によって腰の角度を変えられるため、腰への負担を少なくできます。ヒザとヒザの間と、足首と足首の間に座布団などを挟んで寝ると、骨盤のゆがみを防ぐこともできます。

また、姿勢とは関係ありませんが、寝返りをうちやすい寝具を使うことも大切です。長時間同じ態勢で寝ていると、体の一部だけが圧迫されて血流が悪くなります。すると、筋肉に栄養が行きわたりにくくなるので、疲労を回復できないまま朝を迎え、肩や腰が重いといった状態を招いてしまいます。

※寝返りをうちやすい寝具について、詳しくは『腰痛予防のための布団選び』をご覧ください。

うつぶせ寝はもちろん、自分の体に合わない寝方は避け、腰痛の予防につなげましょう。

船橋で唯一の「慢性腰痛」「骨盤矯正」専門 万事屋接骨院・美容鍼灸サロン WILLE鍼灸院

TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop