• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 夏のKARADA作り ~本日の筋トレ~「フロントブリッジ」

少しでも腹筋を割りたい!とお考えの初心者の貴方に、短期間で効率的に腹筋を割る鍛え方をご紹介します。自宅でできる簡単な筋トレなので是非、お試しください。

1トレーニングの前に知っておくべき「腹筋」について

トレーニング法の前に、腹筋についての基礎知識を少し解説します。効果的に効率的に腹筋を割る近道は、腹筋の知識を付けて意識的にトレーニングすること。特に筋トレ初心者の方は、無理しない程度に楽して鍛えたいと思われるのではないでしょうか?しっかりと腹筋の知識を付けてください。

腹筋は4つの部位に分別される

腹筋は、腹直筋/腹横筋、内腹斜筋/外腹斜筋の4つの部位で成り立っています。腹筋と聞くと、ついつい表面の腹直筋だけにフォーカスしがちですが、4つの部位をバランスよく鍛えるのが効率的に腹筋を割るコツです。

2効率よく腹筋に効く「フロントブリッジ」やってみましょう!

*フロントブリッジのフォーム

1 床にうつ伏せになる状態で寝る
2 腕を肩幅分広げて、軽く上体を起こす
3 (2)の時、腕の角度は90度を保つようにする
4 足はつま先で軽く上体を起こす
5 足から首筋まで、まっすぐな板を入れたようにまっすぐをキープする
(1)~(4)でセットポジションが完成

フロントブリッジは基本的にしっかりと体を固定することが大切です。上記で設営した正しいフォームをきちんと守るように心がけましょう。

フロントブリッジの目安は、30〜1分間 × 3セット。腹筋への刺激を高めるために、セット間に30秒のインターバルを挟んでいきましょう。

トレーニングのコツ

1 お尻や腰が下がらないよう意識する
2 やりすぎないよう要注意
3 正しい呼吸法を身につける
4 腕に力を入れない
*フロントブリッジで最も効果を高めるコツは、正しい呼吸法を身につけてトレーニングすることです。

場所を選ばずにできますので実践あるのみです!

船橋で唯一の「慢性腰痛」「骨盤矯正」専門 万事屋接骨院・美容鍼灸サロン WILLE鍼灸院

TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop