• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 「あなたの慢性腰痛はもしかしたら○○関節が原因かも??」



本日は、腰痛と関係の深い関節について僕の知っている情報をお伝えしたいと思います。

あなたの腰痛は次のうちどれが当てはまりますか?

・座っていると腰骨が痛い

・仰向けに寝ていると腰が痛い

・くしゃみや咳で腰が痛い

このうち1つでも当てはまるものがあれば、”仙腸関節”というところが原因の可能性があります。

この仙腸関節は、骨盤の「仙骨」・「腸骨」の二つで構成された関節で、脊柱(背骨)の土台となるところになります。
上半身から伝わる重力や体重などをこの仙腸関節で受け止めてそれを下半身につたえます。

例えば、立ち仕事やデスクワークなどの「ずっと同じ姿勢」でいたりすると関節がゆがみストレスがかかることにより、痛みが出ることがあります。

そんなときの対処として、仙腸関節は30分以上同じ体勢でいると固まりやすくなるのでちょっとストレッチをしてストレスを逃がして予防しましょう!!

*立ったままのかんたんストレッチ*

ちょっとしたスペースできるので、オフィスや自宅ですぐに試すことができます。
まず、両足をそろえて背筋を伸ばして立ったら準備完了。この姿勢から、息を吸いながら右足の太ももが水平になるまで引き上げていきます。引き上げた右足は、そのまま外側に開いてください。
右足を開ききったら、息を吐きながら開いた足を前方に戻します。正面に戻したら、足を下ろして終了。このストレッチはひざと足首の角度がしっかり90度に曲げておくのがポイントです。左右交互に10回ずつ行います。

ふだんから、身体をまめにストレッチしたり、無理のない運動習慣を身に着けることが何よりも大事なことです。

船橋で唯一の「慢性腰痛」「慢性症状」専門 万事屋接骨院・美容鍼灸サロン WILLE鍼灸院

TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop