• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 「腰が痛いと腎臓が悪い?知っておきたい危険な慢性腰痛」PART1

皆さん! 慢性腰痛と内蔵のつながり知ってますか?

1、腰痛と腎臓、何の関係があるの?

皆さんは腰痛というと

腰の痛み、背中の痛み、腰椎ヘルニア、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、

腰が悪いから、腰が原因だから腰が痛くなると思っていませんか?!

そればかりでは無いのです!

タイトルにも書きましたが腎臓などの内臓に原因がある腰痛もあるんですね!



腎臓が悪い初期症状はこんことが!!!

①常に倦怠感や疲れ、だるい感じがする
②起床時の顔のむくみ(起床時にマブタなど浮腫むことが毎日続く)
③手足が浮腫む(押すとへ凹んだところがなかなか戻らない)
④尿の色が牛乳のような濁った色やコーラやワインのような赤茶色
⑤尿が泡立ち、泡が消えない
⑥強い尿意を感じるが、尿が出ない(特に寝た後)
⑦汗をかきにくくなり、尿の量が少なくなった
⑧昼はトイレに行く回数が減った
⑨少しの運動で息切れするようになった
⑩貧血、立ちくらみなどが多くなった
⑪慢性的な腰痛で何をやっても治らない
⑫腰の筋肉が常に硬くてコリコリしている
⑬運動などをして筋肉を使うとより痛みが増す
⑭慢性的に腰の重さが抜け無い
⑮いつも腰が張っている
⑯ジャンプして着地した時に腰の奥にビンビン響く
⑰横になっても痛みが取れ無い

当てはまる症状は無いですか?

普段から当たり前にある事!と思っていたら実はって事もあります。

17項目をあげましたがこんな症状が慢性的あると

あなたの腎臓はすでに悲鳴をあげているかも?!

次のpart2へ

TEL.047-409-4256お問い合わせはこちら
totop